個人事業主と法人化それぞれのメリット

【個人事業主と法人どちらが良いのか。両者のメリットについて】

個人事業主として仕事をする際も、法人化し社長として仕事をする際にも、どちらも責任ある仕事。しかし、どういった形態で仕事を進めるかによっては、メリットも変わってくることになります。そのため、個人事業主として仕事をしていると、「法人化した方が、仕事がしやすくなるのだろうか?」と感じている方もいると思います。

では、それぞれのメリットをご紹介しましょう。
個人事業主になるメリットは…
・節税としての手段が多いため、様々な方法で節税を目指すことが出来ます。そうなれば、自然と経費の幅も広げることが出来るでしょう。
・法人化することで、銀行などからの信頼度も上がり、融資なども受けやすくなります。クライアントからの信頼度もアップします。人材確保をする際にも、法人化した方が人材も集まりやすくなるでしょう。社員の家族などの保険もしっかりと準備出来るため、家族にとって安心した環境を作ることが出来ます。
・決算月を自由に決められる

個人事業主のメリットは…
・利益が少なければ、その分税金も少なくなる
・社会保険負担などは、低額で抑えることが出来る
・交通費などは、全て経費として計上可能
・事業開始、廃止が簡単に進められる
・比較的、確定申告での手続きが簡単に済ませられる

こうして見てみると、それぞれにメリットがあるため、どういったメリットを重視するかによっても形状が変わってくるでしょう。これから、どのように仕事を進めていきたいのか、どういった環境にしたいのかを考えることで、どの形態で仕事を進めれば良いのか見えてくるはず。それぞれ、仕事をする上、会社を経営する上でビジョンがあるでしょうから、それらを明確に持つことで法人化した方が良いのかも判断出来るようになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*