個人事業主と法人化の様々な違い

【個人事業主から法人化する際の経費について】

個人事業主として何年も仕事をしている方は、既に自分で確定申告などを経験していると思います。日頃から、帳簿などで経費を管理している方も多いでしょう。個人事業主として経費を管理する際には、それほど細かい管理は必要ありませんよね。そのため、仕事の合間に経理の仕事も進めていた方が多いでしょう。しかし、法人化するとそうはいきません。細かく経費も分かれてきますし、扱いなども変わってきますので注意が必要。

では、個人事業主から法人化した際の様々な違いについて、ご紹介しましょう。「法人化したからといって、経費に関してはそれほど変わらないだろう」と思っている方が多いと思いますが、実際には今までとは扱いが異なってしまうものが多くなります。そのため、法人化を考えている方は事前にこの違いを知っておくことが必要。どういった違いがあるかというと…
・経費に関して
仕事では、車を利用したり、することもあると思います。車に関しては、個人事業主の場合には自家消費分に関しては経費として認められます。しかし、法人化された場合には、基本的には全て経費で計上することが出来ます。税金や携帯電話の支払いについても同様の扱いとなります。

・生命保険に関して
個人事業主の場合には、生命保険は経費として扱いはされず、確定申告時に生命保険料控除として処理されることになります。しかし、法人化した場合には、原則経費として計上することが出来ます。

・交際費について
仕事をする上では、クライアントと打ち合わせ時に飲食をすることがあると思います。これらの交際費は、個人事業主の場合には全額経費として計上することが可能。しかし、法人化した場合には上限が定められています。資本金1億円以下の場合には、年間600万円までと決まっています。

このように、個人事業主、法人化では経費に関しても様々な違いがありますので注意が必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*